黒酢(三黒の美酢)で宿便が出ると聞いて。黒酢を使った出し方、飲むタイミングとは?

薬を使った宿便の出し方や、セルフの腸内洗浄などを経験するうちに、

 

「できるだけ、腸にやさしい方法で、宿便を出したい」

 

と、強く思うようになりました。

 

その頃に聞いたのが、「黒酢を飲むと、快便になるらしい」という話です。

黒酢は宿便に本当に効くのか?

「黒酢」が宿便に効く、というのは本当でしょうか。

 

何年か前に、女性たちの間で「黒酢ドリンク」が流行していたのは、知っています。

 

デパ地下のコーナーで、試飲させられたこともありました(お世辞にも、おいしいとは言えないものでしたが……)。

 

黒酢を飲むことが、どうして宿便の出し方になるのか、調べてみることにしました。

 

黒酢は、腸内の悪玉菌を殺菌してくれる

まず、黒酢の大きな効果として、「腸内の悪玉菌を殺菌してくれる」という点が挙げられます。

 

宿便の出し方を考える上で、「腸内環境を整える」ことは、絶対に避けては通れません。

 

腸内環境が悪くなっているせいで、宿便がたまっているのですから。

 

そして、私たちは、腸内環境を整えるというと、「善玉菌を増やす」ことばかりに意識が行ってしまいます。

 

例えば、

 

・ヨーグルトを食べる

・納豆やキムチなどの発酵食品を食べる

・乳酸菌のサプリを飲む etc.

 

などです。

 

しかし、いくら善玉菌を増やそうとしても、悪玉菌がはびこっている腸内では、善玉菌は増えないということを、知っておく必要があるでしょう。

 

つまり、

 

・善玉菌を増やす

・悪玉菌を減らす

 

この2つは、ワンセットと考えて、同時に両方を実行すべきなのです。

 

黒酢には殺菌作用があり、腸内に増えた悪玉菌を除去してくれる作用があります。

 

黒酢は、善玉菌を増やす

さらに、黒酢に含まれている「グルコン酸」には、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。

 

黒酢を摂取することによって、特に「ビフィズス菌」を増やす効果があるといわれています。

 

ビフィズス菌といえば、善玉菌の代表選手です。

 

黒酢は、悪玉菌を減らしながら同時に善玉菌も増やしてくれるので、宿便の出し方の強い味方といえそうです。

 

黒酢は、蠕動運動を促進する

もうひとつ、宿便の出し方がうまくいかない場合、「腸の蠕動運動」が弱くなっていることが考えられます。

 

腸の蠕動運動とは、腸が収縮するように動いて、便を肛門まで運ぶ動きのこと。

 

蠕動運動が良くなると、腸内で便の運搬がスムーズにできず、途中で「宿便」となって溜まってしまうのです。

 

黒酢に含まれる酢酸やクエン酸は、蠕動運動を促進する動きがあるので、宿便を押し出すサポートをしてくれます。

 

悪玉菌を減らし、善玉菌を増やし、蠕動運動を促進する。

 

黒酢なら、長年溜め続けた宿便も、一掃してくれるかもしれません。

 

しかし酸っぱい味が苦手&知覚過敏が怖いので、サプリタイプを選択

黒酢がとても宿便の出し方に役立ちそうだったので、私も黒酢を飲んでみることにしました。

 

しかし、「酢」をそのまま飲むということは、私にとっては、デメリットがありました。

 

それは、

 

・味が酸っぱい

・歯に酢の酸が触れる

 

という2つの点です。

 

私は酸っぱいのが苦手

というのも、私はどうも、極端に酸っぱいものは、苦手なのです。

 

ミカンなどのフルーツは大好きですが、梅干しや酢の物は、あまり好きではありません。

 

また、年齢を重ねるとともに、「知覚過敏」が気になるようになりました。

 

冷たい水を飲んだときなどに、「痛い!」としみることが、多くなったのです。

 

知覚過敏の原因とは?

調べてみると、知覚過敏の原因のひとつは、

 

・お酢

・梅干し

・フルーツ

 

などの「酸」が歯に触れて、歯が溶けることにあると知りました(酸で溶けてしまった歯を「酸蝕歯」といいます)。

 

お酢や梅干しは、もともと苦手で避けてきたものの、「フルーツ」には、心当たりがありました。

 

コンビニで買える、パックのグレープフルーツジュースが好きで、よく仕事中に飲んでいたのです。

 

酸蝕歯のリスクに気付いてからは、お酢や梅干しはもちろんのこと、フルーツも、歯に触れないように注意していました(やむを得ず食べた後は、すぐに水でうがいをします)。

 

だから、「酢を飲む」なんて、いくら宿便を出すためとはいえ、絶対にしたくないことです。

 

黒酢は飲みたいけれど、液体はパス

黒酢で宿便の出し方がすんなり成功するのであれば、ぜひとも試してみたい。

 

しかし、酸っぱい味を我慢するのも、知覚過敏の悪化させるのも避けたい。

 

そんなジレンマに苦しみつつ、何とかうまく黒酢を飲める方法はないかと調べてみました。

 

サプリタイプを発見

解決方法は、割とあっさりと見つかりました。

 

Google検索してみると、黒酢は、そのまま飲むだけではないことがわかったのです。

 

そして、黒酢の酸が舌や歯に触れないように、カプセルでコーティングした「三黒の美酢」というサプリメントを発見。

 

これだったら試してみても良いなと思い、早速取り寄せてみました。

 

「三黒の美酢」を注文して実際に飲んでみた

「三黒の美酢」は、

 

・黒酢もろみ

・黒にんにく

・黒卵黄油

・DHA・EPA

 

という4つの素材が詰まったサプリメントです。

 

吸収伝承の厳選素材だけでできていること、黒酢以外にも、宿便の出し方に効きそうな成分が含まれていることから、効果が期待できそうで、ワクワクしました。

 

特に、DHA・EPAは、血液サラサラ成分として、有名です。

 

血液をサラサラにキープすることは、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞を予防する上で、非常に大切ですが、宿便にも関係しています。

 

血液がドロドロになって血行不良になれば、腸が冷えて、宿便が溜まりやすくなるのです。

 

「青魚」に含まれているのですが、毎日コンスタントに魚を食べ続けるのは、なかなか難しいところ。

 

サプリメントなら、毎日手軽に摂取できます。

 

注文後、数日でゆうパケットで到着

三黒の美酢を注文して数日後、郵便局のゆうパケットで、ポストに投函されていました。

 

早速開封してみます。

中には、三黒の美酢の他に、パンフレットや冊子が入っていました。

 

口コミをチェックすると…アレ?便秘解消の声がない

パンフレット類に混じって、「ご愛用者様から寄せられた声」というチラシが入っていました。

 

私と同じように、宿便に悩んでいる人の口コミをチェックしようと、順番に読んでみました。

 

ところが……、「宿便が出た」という声はおろか、「便秘が治った」という声も見つからないのです。

 

多かった声は、

 

・体重が減った

・コレステロール、中性脂肪などの血液検査の値が改善した

・風邪を引かなくなった

・疲れが取れた

・体調が良くなった

・肌がきれいになった

 

などです。

 

それらの口コミを読みながら、

 

「しまった。宿便に効くサプリじゃないのに買ってしまった…」

 

と思いましたが、黒酢で宿便が出る人もいるのは事実。

 

せっかくなので、三黒の美酢を試してみることにしました。

 

飲み方は、朝昼晩3粒ずつ

飲み方は、同梱されていた冊子の一番最後のページにあった「おすすめの飲み方」を参考にしました。

 

・健康維持

・ちょっと気になる症状があるとき

・改善したい症状があるとき

 

の、3パターンの飲み方が書いてあったのですが、私は「宿便という症状を改善したい」というのが目的です。

 

そこで、朝昼晩と3粒ずつ、1日9粒を飲んでみることにしました。

 

飲み始めた翌日、やけに目覚めがスッキリ!

飲み始めた翌日、やけに目覚めがスッキリとしていました。

 

目覚まし時計がなる前に「パチッ!」と目が覚めて、

 

「さて、今日もがんばるぞー!」

 

と、やる気にみなぎっているような感覚です。

 

いつもと明らかに違う朝だったので、これが黒酢の効果か、と驚きました。

 

三黒の美酢の場合、黒にんにくも入っているので、疲れが取れやすい効果があるのかもしれません。

 

腸の様子は…?

これだけ即効性があるのであれば、宿便の出し方への効果も期待できるかもしれない、と思いました。

 

しかし、腸の様子は、変わった感じがしません。

 

ただ、疲れが取れて、体が軽く感じられるので、体調は良く感じます。

 

三黒の美酢は、自分に合っているのかもしれないと思い、1袋を飲み切ってみることにしました。

 

5日目頃から、お腹のハリがなくなってきたような…?

 

1日目、2日目……、と、引き続き体調が良く、爽快感を持って目覚められる日が続きました。

 

しかし、肝心の宿便は、出る気配がありません。

 

3日に1回程度、ぐずぐずとスッキリしないお通じはありましたが、宿便までドサッと出るには至らない感じです。

 

ただ、5日目頃から、ガスがたまって張っていることが多かったお腹が、少しへこんできたように感じました。

 

黒酢の殺菌効果で悪玉菌が退治されて、善玉菌が増え始めた証拠かもしれません。

 

残念ながら7日分で終了

これは期待できるかもしれない、と思ったのですが、残念ながら7日目に入ったところで1袋分を飲み終わってしまいました。

 

1袋は「62粒入り」なので、毎日9粒ずつ飲んでいくと「6.8日分」という計算になります。

 

ここから継続すれば、宿便がドカン出ることもあり得たので、ちょっと惜しい気持ちになりました。

 

黒酢(三黒の美酢)のメリットとデメリット

メリット

(1)疲れが取れた感じがする

三黒の美酢を飲んで一番強く感じたのは「疲れが取れている」という実感です。

 

ちょうど仕事が忙しい時期に飲んでいたこともあり、睡眠時間があまり取れない毎日を過ごしていました。

 

だから、朝は、目覚まし時計にひっぱたかれるような気持ちで無理やり起床していて、疲労が蓄積していると感じていました。

 

そこへ三黒の美酢を飲み始めたら、短時間睡眠でもシャキッと起きられるようになったのですから、この黒酢効果はすごいと思いました。

 

(2)ダイエット効果がある

同梱されていたチラシでは、

 

「1カ月で5kg痩せました」

「ダイエットに成功しました」

「自然に痩せているので驚きました」

 

などの口コミが掲載されていました。

 

確かに、私が飲んでみた実感としても、ダイエット効果がありそうです。

 

黒酢効果によって代謝が良くなるのか、飲んでいると体が自然とポカポカする感じがありますし、実際に体重も1週間で500gほど、減っていました。

 

このペースで減り続けたら、1カ月で2kg、減る計算になります。

 

生活スタイルも食事も一切変えずに、三黒の美酢を飲むだけで2kg減るというのは、驚きです。

 

(3)健康効果がある

三黒の美酢には、黒酢だけでなく、アミノ酸・DHA・EPAなどの、体に良い成分がギュッと配合されているので、その健康効果は、魅力的です。

 

特に、高脂血症・高コレステロール血症などで、中性脂肪やコレステロール値を下げなければならない人にとっては、重宝するサプリメントといえそうです。

 

デメリット

(1)宿便はすぐには出ない

三黒の美酢は、飲み続けることで、ジワジワと効果を発揮するタイプのサプリメント、という印象を受けました。

 

約1週間、飲んでみて、腸の調子は改善傾向にあるように思いました。

 

その黒酢効果に期待していたのですが、しかし、残念ながら、宿便は出ませんでした。

 

もしかすると、他の宿便の出し方でしっかり宿便を出してから、きれいな腸をキープするために三黒の美酢を使うと良いのかもしれません。

 

(2)価格が高い

「継続したら、宿便が出るかもしれない」と感じたものの、継続する上では、どうしても「価格」が気になります。

 

三黒の美酢は、62錠で、定価が2,800円です。

 

毎日9錠ずつ飲む場合、1カ月分は270錠必要になります。

 

ということは、1カ月に4袋以上(11,200円以上)必要になるため、継続するのは現実的ではないと思いました。

 

定期コースに入れば5%になるそうですが、5%OFFでも1万円以上かかります。

 

黒酢(三黒の美酢)の総合評価は★2.1

出た宿便の量 1
即効性 1
継続性 2
安全性 5
使いやすさ 3
価格 1

黒酢(三黒の美酢)を、宿便の出し方を実践するためのサプリメントとして飲んだ場合の評価は、★2.1となりました。

 

ただし、黒酢や三黒の美酢自体は、とても健康効果が高いのは確かです。

 

宿便にダイレクトに効果があるか?というと、辛い評価になるのですが、

 

・コレステロール値の改善

・ダイエット

・疲労回復

 

などを目的に飲むのであれば、かなりの高評価になるのではないでしょうか。

 

ただ、価格がどうしても、ネックになります。

 

九州産のこだわり素材で作られているとのことなので、価格が高くなるのは仕方ないとはいえ、継続していく上では、厳しいといわざるを得ないでしょう。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*