酵素玄米を食べるだけ!ドッサリ宿便の出し方がスゴい

「酵素玄米」をご存じでしょうか?「玄米」は知っているけれど、「酵素玄米」はよく知らない、という人が多いかもしれません。

 

酵素玄米は、「しゃべくり007(日本テレビ)」という番組で、石原さとみさんが紹介したことでも話題になりました。

 

美容と健康に効果抜群なので、多くの女優やモデルが、酵素玄米を愛用しています。

 

話題の人となった、元SMAPの木村拓哉さんも、「ハマっているもの」として酵素玄米を挙げています。

 

実は、酵素玄米は、宿便をドッサリ根こそぎ出す効果も強いのです。

 

腸をすっかりきれいにするからこそ、美容や健康に高い効果が発揮できるのです。

 

この記事では、酵素玄米を食べるだけで、ドッサリ宿便の出し方ができる秘密や、効果を最大化する方法をご紹介していきます。

酵素玄米って何?

酵素玄米は、別名「寝かせ玄米」ともいいます。

 

その名の通り、玄米を炊いた後に「3日以上寝かす」ことで、玄米を発酵させ、酵素パワーを引き出したものが、酵素玄米です。

 

酵素の力を最大限に引き出すために、少量の小豆と塩と一緒に炊きあげるのも特徴です。

 

酵素玄米の味とは?

玄米というと、モサモサと水分がなく、固くて食べづらい……というイメージを持っている人は多いでしょう。

 

健康のために玄米を始めたのに、味がおいしくなくて、白米に戻った経験がある人もいるかもしれません。

 

一方、酵素玄米は、普通の玄米とは、まったく違った味わいです。3日以上、寝かせることで、モチモチ感がグンと増すのです。

 

玄米というよりお赤飯や、炊き込みご飯の方に近く、一度食べると、そのプチプチとした食感にハマってしまう人が多いのです。

 

また、寝かせることで、ギューッとうま味が凝縮されて、おかずなしで何杯でも酵素玄米を食べられるほどです。

 

酵素玄米は、なぜ宿便に効く?

酵素玄米を食べていると、「毎日、食べた量よりも多く、ドッサリとした宿便が出る」という声は、よく聞かれるものです。

 

自分が好きな女優やモデルの影響を受けて、美容目的で酵素玄米を食べ始めたものの、あまりにも宿便が出るのでビックリしたという人も多いのです。

 

では、どうして酵素玄米は、これほどまでに宿便に効果があるのでしょうか。

 

その理由を、ご紹介していきましょう。

 

(1)酵素がたっぷり入っている

まず、酵素玄米には「酵素」がたっぷり入っています。

 

酵素は、体のすべての働きになくてはならないもの。しかし、「ビタミン」や「ミネラル」などの栄養素と比較して、あまりよく知られていません。

 

酵素は、大きく次の3種類に分けられます。

 

・消化酵素

・代謝酵素

・食物酵素

 

順に詳しくご説明しましょう。

 

1. 消化酵素

消化酵素は、口から食べたものを消化するための酵素です。

 

代表的な消化酵素は、下記の通りです。

 

・デンプンを分解する「アミラーゼ」

・たんぱく質を分解する「プロテアーゼ」

・脂肪を分解する「リパーゼ」

 

これらの酵素の力によって、食べ物は分解され、小腸へと運ばれて栄養素として吸収されるのです。

 

消化酵素が不足すると、食べたものを十分に消化できないので、未消化のまま腸に滞留し宿便化するリスクがあります。

 

2. 代謝酵素

一方、代謝酵素は、体を動かしたり、病気を治したり、毎日を生きる活動において働く酵素です。

 

各細胞が生まれ変わり、新陳代謝をし、各臓器を動かして、老廃物を排出して……、というすべての生命活動に関わっているのが、代謝酵素です。

 

その生命活動には、もちろん胃腸の働きも含まれています。代謝酵素が不足して、胃腸の動きが悪くなれば、スムーズに便を出すことができなくなって宿便がたまっていきます。

 

3. 食物酵素

消化酵素と代謝酵素は、体内で生成される酵素ですが、食物酵素は、食べ物から摂取する酵素です。

 

体内で生成できる酵素の量は、一生の中で限りがあります。そのため、できるだけ酵素の無駄遣いを避け、消化酵素・代謝酵素の働きをサポートしてくれる食物酵素を取り入れることが大切です。

 

酵素玄米に含まれているのは、この食物酵素です。

 

酵素玄米を通して、酵素を体内に補給することで、消化酵素・代謝酵素の働きを助け、宿便がスルッと出やすくすることができるのです。

 

(2)食物繊維が豊富

子どもの頃から慣れ親しんだ主食は「白米」という人がほとんどだと思いますが、酵素玄米と白米の大きな違いは、「食物繊維の量」です。

 

白米なら精米して廃棄されるぬか層や胚芽を、丸ごと食べられるのが、酵素玄米の優れた点です。

 

酵素玄米には、なんと白米の6倍もの食物繊維が含まれているのです。

 

宿便の出し方に取り組むために、食物繊維をたくさん取った方が良いと分かっていても、なかなか日々の忙しさの中でうまくいかない人も多いでしょう。

 

しかし、主食のご飯さえ酵素玄米にしていれば、たっぷりの食物繊維を取ることが可能なのです。これなら、毎日がんばらなくても続けることができますよね。

 

酵素玄米に含まれる良質な食物繊維たちは、まるでほうきのように腸内を掃除して回り、老廃物をかき集めて、宿便と一緒に排出してくれます。

 

(3)よく噛む習慣ができる

しっかりとよく噛むことは、満腹感を高めて、食べすぎを防止してくれます。

 

さらに、噛むことで蠕動運動を活発化させることにもつながるのです。これが、宿便の出し方として大いに役立ちます。

 

よく、「お通じのためには朝ご飯を食べると良い」といわれますが、それは、食べ物を食べると、反射的に腸の蠕動運動が始まり、便意が起きやすくなるからです。

 

このとき、咀嚼回数が多ければ多いほど、蠕動運動は活発になります。

 

「今、食べ物を食べている」という合図が脳から体へ行き渡り、唾液をはじめとした消化液が分泌され、胃腸の動きが活性化します。

 

あまり噛まなくても飲み込めてしまう、パンやラーメンなどの柔らかい食べ物を好んでいると、この「噛む」ことによる宿便の出し方ができません。

 

しかし、酵素玄米は、プチプチ・モチモチとした食感を楽しんでいるだけで、自然と咀嚼回数が増えてしまうのです。

 

噛むことをがんばらなくても、いつの間にか、しっかり噛むことができるので、宿便が出やすくなります。

 

(4)デトックス効果が非常に高い

宿便がたまっていると、体の老廃物や毒素の排出が遅れ、体内に蓄積しやすくなります。

 

これは、疲れやすさやだるさなどの体調不良の原因となったり、頭痛・胃痛・腰痛などの痛みの原因となったりします。

 

さらに、老廃物や毒素に邪魔をされ、胃腸の働きが衰えて、ますます宿便の出し方がうまくいかないという悪循環に陥ってしまうのです。

 

そんなときに、酵素玄米を食べると、強いデトックス効果で老廃物や毒素を体外へ排出します。

 

というのも、酵素玄米には「キレート作用」があるのです。キレートの語源は「カニのはさみ」。

 

酵素玄米は、まさにカニのはさみのように毒素を挟み込んで、体外へ排出することができるのです。

 

デトックスが進むと体調が良くなりますし、腸が健康になって、宿便が楽に出せるようになります。

 

(5)ストレスケアができる

心のストレスを抱えていると、胃腸の働きが悪くなって、宿便が腸内に滞留しやすくなります。

 

ストレスケアが重要になりますが、心のストレスを和らげて穏やかな精神状態を導くために、非常に役立つ成分に「GABA(ギャバ)」があります。

 

GABAは、チョコレートに配合されたり、サプリメントが話題になったりしたので、すでに知っている人も多いでしょう。

 

GABAは、アミノ酸の一種で、長年「脳代謝改善薬」として薬として利用されてきた成分です。

 

2001年より、医薬品だけでなく食品としても利用可能になったため、チョコレートなどの商品が販売されるようになりました。

 

酵素玄米には、天然のGABAが大量に含まれています。食べるとなぜかホッとリラックスできるのは、GABAの効果だったのです。

 

酵素玄米の作り方

宿便にも健康にも美容にも良い酵素玄米。早速、食べてみたいですよね。

 

ここからは、具体的な酵素玄米の作り方について、ご紹介しましょう。

 

酵素玄米の材料

酵素玄米の材料は、次の4つです。

 

玄米 3合

小豆 30g

塩 小さじ1

水 650cc

 

塩は、精製塩ではなく天然塩を準備しましょう。

 

酵素玄米の作り方

大きめのボウルに、玄米3合・小豆30gを入れ、流水でゴミを洗い流します。ざっと全体を洗ったら、ザルで水を切ります。

 

ボウルに玄米・小豆を戻し、塩小さじ1・水650ccも加えます。

 

泡立て器で、右回りに8分間、かき混ぜます。白米のように研ぐ必要はありませんが、ここでしっかり混ぜることが大切です。

 

ボウルの中身をすべて炊飯器のジャーに移し、そのまま玄米モードで炊きあげます(玄米モードがない場合は、水を少し多めにしましょう)。

 

炊きあがったら、炊飯器の保温モードにしたまま、玄米を寝かせます。1日1回以上、上下を返すようにかき混ぜます。

 

3日目から食べることができます。7日以内に食べ切るようにしましょう。

 

宿便の出し方に効く酵素玄米の食べ方

上手に酵素玄米を作ることができたら、いよいよ宿便の出し方の実践です。

 

酵素玄米を食べて、宿便を根こそぎ出してしまいましょう。

 

宿便の出し方に効果的な酵素玄米の食べ方をご紹介します。

 

(1)毎日1回以上食べる

1日に1回以上は、酵素玄米を食べるようにし、2週間以上継続するようにしましょう。

 

1日3食とも酵素玄米にしても、もちろんOKです。

 

酵素玄米は、冷めてもおいしいので、お弁当にしたりおにぎりにしたりするのもおすすめです。

 

(2)野菜中心のおかずを増やす

酵素玄米と相性が良いのは、シンプルな野菜中心のおかずです。

 

きんぴらごぼうや大根の煮物など、体にやさしい和食と組み合わせると、宿便の出し方に効果的です。

 

また、具だくさんのみそ汁をおかず代わりにするのもおすすめです。酵素玄米自体、しっかりとうま味が詰まっていて味がするので、みそ汁と酵素玄米だけで十分、という人も多くいます。

 

(3)水分をしっかり摂取する

酵素玄米には、たっぷり食物繊維が含まれていますので、水分補給はしっかりしましょう。

 

水分が足りないと、食物繊維が腸内で詰まって、宿便の出し方に逆効果となってしまうことがあります。

 

ただし、食中や食後にガブガブと水分を取りすぎると、胃酸が薄まって消化が悪くなります。

 

たっぷりの水分は食後1時間以上経ってから飲むようにすると良いでしょう。

 

宿便の出し方にピッタリの酵素玄米の選び方

宿便の出し方として酵素玄米を食べる場合は、「継続できること」が一つのポイントとなります。

 

1〜2回、酵素玄米を食べると、そのときは宿便がドッサリと出るかもしれませんが、継続しないとまた宿便がたまってしまいます。

 

準備の手間がかからないセットがおすすめ

酵素玄米は、意外に材料の準備に手間取るものです。玄米だけでなく、小豆や塩も必要なので、それらを購入したり、わざわざ測ったりという手間が面倒になるケースもあるでしょう。

 

そこで、継続しやすさを考えるのなら、あらかじめ酵素玄米にベストな配分で材料がセットされている、酵素玄米セットを上手に利用しましょう。

 

原産地を事前にチェック

酵素玄米セットを購入するときには、材料の原産地を必ず確認するようにしましょう。

 

海外製のものや、産地が不明なものでは、デトックスどころか体内に有害物質をためる羽目になる危険性があります。

 

続けるためには専用炊飯器があると便利

酵素玄米をよりおいしく簡単に炊くことができる、専用の炊飯器も販売されています。

 

酵素玄米は、3日以上、炊飯器の保温モードで発酵させる必要があるため、その間、炊飯器はふさがっている状態になります。

 

家族と暮らしていて、白米も同時に炊きたい場合は、もう一台、酵素玄米専用の炊飯器があるととても便利です。

 

まとめ

「玄米なんてまずい」というイメージを持っていた人こそハマりやすい、酵素玄米。

 

おいしいものを食べるだけの宿便の出し方は、酵素玄米がピカイチでしょう。宿便の出し方という目的がなくても、毎日食べ続けたいくらい、酵素玄米にハマってしまう人は多いのです。

 

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*