自分で抑えられないイライラの原因は宿便にあり!

いつでも、ニコニコ穏やかな自分でいたいのに、抑えられないイライラが湧き上がってくることはありませんか?

 

それが原因で、パートナーや子ども、自分の部下などに当たり散らしてしまったりして……。

 

その度に、「またやってしまった」と、自己嫌悪に陥っている人もいるかもしれません。

 

その抑えきれないイライラ、その原因について、考えたことはあるでしょうか。

 

「自分が未熟だから」「感情のコントロールができない」と、自分を責めているとしたら、それは、まったくの誤解かもしれません。

 

というのも、なんと腸にたまっている「宿便」が、イライラの原因になっている可能性があるのです。

 

この記事では、宿便がなぜイライラの原因になるのか、そのメカニズムと、宿便が原因のイライラ対処法をお伝えしていきましょう。

宿便はなぜイライラの原因になるの?

「宿便」と「イライラ」。

 

一見、まったく関係がないようにも思えるこの二つ。どんな関係があるのでしょうか。

 

まず、宿便は、大腸に長時間に渡って滞留している便のことです。

 

その時間が長くなればなるほど、宿便は腐敗して、有毒なガスを発生したり、周辺の腸壁にダメージを与え炎症を起こしたりします。

 

一方、私たちの腸では、「セロトニン」という、心の安定に欠かせないホルモンが生成されているのですが、宿便はセロトニンの生成を邪魔してしまうのです。

 

セロトニンとは?

「セロトニン」は、脳内ホルモンの一種です。別名「幸福ホルモン」とも呼ばれます。

 

セロトニンは、ストレスとなる出来事があっても、感情を穏やかにキープし、精神を安定させる働きを担っています。

 

例えば、何かのきっかけで「イライラッ!」と感情的になり、抑えられない場面があったとします。

 

それは、そのきっかけを引き起こした人が悪い訳でも、イライラが抑えられないあなたが悪いわけでもなく、単にセロトニン不足の症状が出ているだけかもしれません。

 

特に、昔から怒りっぽい性格だったわけではないのに、いつからかイライラしやすくなった場合、原因は、その時期から宿便がたまり始めていた可能性があります。

 

宿便がたまっていると、腸で十分にセロトニンを作れませんので、イライラ感として現れやすくなるのです。

 

睡眠不足によるイライラにも宿便が関わっている

睡眠不足の状態だと、どんなに穏やかな人でも、イライラするものです。

 

例えば、心配事があったりして、不眠症気味になると、睡眠の質が落ちて日中イライラするようになります。

 

実は、この睡眠不足が原因のイライラにも宿便が関わっています。

 

腸で作られているセロトニンは、睡眠の質にも関わるホルモンだからです。

 

私たちが、夜になって自然と眠くなるのは、「メラトニン」という睡眠ホルモンの働きによるものです。

 

メラトニンは、日中はほとんど分泌されていませんが、夜、就寝する頃の時間になると、分泌量が増え、自然と眠気がやってくる仕組みになっています。

 

このメラトニンの材料となる物質が、セロトニンなのです。

 

つまり、〈宿便がたまる〉→〈セロトニンが減る〉→〈メラトニンが減る〉という図式が成り立つというわけです。

 

セロトニンが減れば、心は不安定になりイライラしやすくなりますし、メラトニンが減れば睡眠の質が落ち、さらにイライラ感は加速してしまいます。

 

さらに体調不良がイライラ感を引き起こす原因に

さらに、宿便がたまっていると、体内に老廃物や毒素が蓄積しやすくなります。

 

本来、体にとって不要な老廃物や毒素は、便や尿になって、速やかに体外へと排出されます。

 

ところが、宿便がたまっていると、便による老廃物や毒素の排出が滞ってしまうのです。
また、ただ腸内で滞留しているだけならまだ良いのですが、腸壁から再吸収されて、血管内に入ってしまいます。

 

再吸収された老廃物や毒素は、血液と混じって、全身を駆け巡ることになります。こうなると、体のさまざまなところに、不調が出ます。

 

私たちは、どこかに痛みがあったり、違和感があったりすると、それだけで無意識のうちにイライラとしてしまうものです。

 

頭痛、腹痛、肩こり、腰痛、全身の重だるさ??、体内に老廃物や毒素がたまっていると、こういった症状が発生します。

 

自分では気付いていなくても、体の不調が積み重なって、イライラ感が出ている場合がありますので、要注意です。

 

更年期障害のイライラにもセロトニンが絡んでいる

女性の場合、更年期障害の症状の一つとしても、イライラ感があることが知られています。
実は、ここにもセロトニンの影響が絡んでいるのです。

 

更年期を過ぎて減少する女性ホルモンが、セロトニンの活性に関与しているため、セロトニンの減少につながって、イライラが強くなることがあるのです。

 

ここに、宿便の原因が加わると、さらにイライラはひどくなります。

 

「できるだけ穏やかに過ごすようにがんばろう」などと、精神論で片づけられるレベルではなくなっていくのです。

 

宿便を放置するとうつ病や不眠症になるリスクも…

イライラを、ただの性格と片づけたり、自分の努力でなんとかしようとするのは、おすすめできません。

 

宿便が原因の場合、宿便の出し方を実践しないと、根本的な解決にはならないからです。

 

そして、恐ろしいのが、放置してしまったときのリスクです。

 

セロトニンは、私たちの心と体にとって、非常に大切なものです。

 

セロトニン不足が続くと、「うつ病」や「不眠症」などの心の病を発症してしまいます。

 

例えば、うつ病は、それが原因で休職を余儀なくされたり、最悪な場合、自死に至ってしまうこともあるほど、深刻な病気です。

 

「イライラ」は、セロトニン不足のときに現れる代表的な症状の一つ。自分の心の不調を見逃さずに、しっかりケアしてあげましょう。

 

腸の健康は心の健康と深いつながりがあることを知って、宿便の出し方をマスターし、きれいな腸を取り戻すことが、その第一歩となります。

 

イライラを抑えつけるよりも原因を断つ

もし、便秘持ちだったり、毎日の排便ですっきり感が得られなかったりする場合、宿便が大量にたまっている可能性があります。

 

今まで、イライラをなんとか抑えつけようと努力を重ねてきたかもしれませんが、その原因である宿便の出し方を考えていきましょう。

 

宿便がないきれいな腸であれば、何かストレスとなるような出来事を目の前にしても、イライラすることなく冷静に対処できるようになります。

 

それは、身近な家族をはじめとした大切な人たちの幸せにもつながりますし、自分の自信にもなるでしょう。

 

イライラの原因、宿便の出し方

さて、いよいよここからは、イライラの原因である宿便の出し方をご紹介していきましょう。

 

宿便が根こそぎ出た後は、イライラ感の一切が消滅して、狐につままれたような気持ちになる人がたくさんいますから、がんばっていきましょう。

 

(1)体内時計を整える

宿便がたまっていると、セロトニン不足の影響で、体内時計が狂っています。

 

そのため、睡眠不足が加速します。睡眠不足が加速すると、宿便も出にくくなります。

 

卵が先か、鶏が先か、という問題にはなりますが、体内時計を整えることで睡眠不足を解消するように努めましょう。

 

体内時計を整えるためには、次のことを意識してください。

 

起きたら朝日を浴びる

朝起きたら、まずは朝日を浴びるようにしましょう。

 

夜に自然な眠気をもたらすのは、セロトニンが材料になっている「メラトニン」というホルモンであるとお伝えしました。

 

朝、朝日を浴びることは、このメラトニンをストップさせる効果があります。

 

メラトニンをストップさせないと、日中に眠気が起きてしまい、その分、夜に眠気が来ないことになりますから、朝日を浴びることは大切です。

 

寝る3時間前までに食事を済ませる

寝るときに、胃に食べ物が入っていると、そちらの消化活動にエネルギーが取られて、熟睡が妨げられてしまいます。

 

胃の内容物が消化されるためには、早くて2時間、通常3?4時間以上かかります。

 

そのため、寝る3時間前までに食事を済ませるようにしましょう。

 

ちなみに、寝る3時間前より後に取った食事は、脂肪に変換されやすく、肥満の原因にもなります。ダイエット中の人は特に注意が必要です。

 

寝る1~2時間前から照明を暗くする

強い朝日を浴びるとメラトニンの分泌がストップされるように、メラトニンは明るい光を見ると分泌しにくくなります。

 

メラトニンの分泌量を増やして、スムーズな入眠につなげるためには、寝る1?2時間前から、照明を暗くするようにしてください。

 

光を発するスマートフォンやパソコンも、目がさえる原因となります。寝る前は、見ないようにしましょう。

 

(2)腸内の善玉菌を増殖させる

次に、腸内の善玉菌を増殖させましょう。善玉菌を増やすことは、宿便の出し方として、最も大切だといっても過言ではありません。

 

宿便を出して、幸福ホルモンであるセロトニンを十分に生成できる腸を作ることは、心の健康にとって不可欠です。

 

腸内の善玉菌を増殖させるためには、乳酸菌が配合されたサプリメントが有効です。

 

サプリメントは、ヨーグルトやぬか漬け、キムチなどの発酵食品に含まれる乳酸菌を、より腸に生きて届きやすいように調整されています。

 

非常に効率的に善玉菌を増殖させることができますので、ぜひ取り入れましょう。

 

同時に、食物繊維を取るのもおすすめです。

 

食物繊維は、善玉菌のエサとなって、善玉菌の増殖を助けるとともに、腸内の不要な老廃物を絡め取り、腸の大掃除をしてくれます。

 

(3)リズム運動を行う

セロトニンを増やすためにも、宿便の出し方としても、高い効果が期待できるのが「リズム運動」です。

 

リズム運動とは、一定のリズムを重視した運動のこと。

 

日常生活の中でできるリズム運動には、次のようなものがあります。

 

・ウォーキング

・自転車

・踏み台昇降

・食べ物やガムを噛む

・呼吸

 

ガムを噛んだり、呼吸をしたりすることがリズム運動になるの!?と驚くかもしれませんが、一定のリズムで繰り返すことで、立派なリズム運動になります。

 

リズム運動を行うと、セロトニンの分泌が活性化しますので、イライラ感が抑えられます。

 

同時に、一定のリズムで体に刺激を与えることは、宿便の出し方としてとても良い影響があります。

 

リズム運動で腸に刺激を与えることは、蠕動運動を促すことになるのです。

 

宿便がたまっていると、腸の動きが悪くなって、ますます宿便の出し方がうまくいかなくなります。

 

そこでリズム運動を習慣化すると、腸が動き出して、宿便がすっきり出やすくなるのです。

 

(4)ストレスを緩和する工夫をする

宿便の出し方ができない人は、そのせいで、脳内ホルモンにまで影響が出て、イライラ感が強くなっていきます。

 

一方で、ストレスが強いと、腸内環境が悪化して、宿便がたまりやすいという側面があります。

 

つまり、〈宿便がたまる→イライラする→さらに宿便がたまる→さらにイライラする……〉という悪循環のループに陥ると、なかなか出てくることができないのです。

 

そこで大切なのは、できるだけストレスを緩和する工夫をすること。

 

できるだけ、ストレスとなる出来事と距離を置くようにし、自分にストレスがかからないように注意してください。

 

どうしてもそれが難しい場合は、一日に少しでも一人の時間を持って、心を落ち着けるようにしましょう。

 

例えば、3分間、しっかりと腹式で呼吸するだけでも、ストレスは随分と緩和されます。

 

短い時間でも構いませんから、自分だけのために使う時間を持つことが、ストレス緩和につながっていきます。

 

まとめ

私たちの生活の中には、イライラの原因となるような出来事が、たくさんあります。

 

それらに、「どう反応するか」で、日々の心の豊かさが左右される面があることは、否めません。

 

それなら、できるだけイライラに強い心と体を作って、外部のイライラに振り回されることなく、いつでも穏やかな心を維持できるようにしたいものです。

 

あまり注目されていませんが、宿便の出し方は、そのために非常に有効な手法といえるのです。

 

宿便の出し方を実践することで、冷静で落ち着いた心が手に入ります。ストレスとなる出来事と対面しても、心をかき乱されることなく、対応ができるので、心身の疲れがまったく変わってきます。

 

たかが宿便、と流さずに、宿便の出し方に取り組むことで、メンタルケアを行っていきましょう。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*