市販の宿便を出す薬トランジット、副作用・依存性は?出し方の体験レビュー

宿便の出し方について考えるとき、最初に「薬を使う」ことを思い浮かべる人は、多いようです。

 

確かに、便秘薬や下剤のCMや広告は頻繁に見掛けますし、「薬」という響きには、強い効果と即効性がありそうな魅力があります。

 

私も、手っ取り早く宿便を出すためには、市販の薬を使えば良いのでは?と考えて、実際に体験してみました。

市販の宿便を出す薬には、どんな種類がある?

宿便を出す薬を使おう、と決めたのは良いものの、薬の種類がたくさんありすぎて、どれを使えば良いのか混乱しそうになります。

 

宿便を出す薬を整理してみる

整理してみると、宿便を出す薬は、大きく次のように分けられました。

 

・ピンクの小粒系の下剤

(例)コーラック

 

・漢方薬系の便秘薬

(例)タケダ漢方便秘薬

 

・マグネシウム系の便秘薬

(例)ミルマグ

 

・植物系の便秘薬

(例)トランジット

 

この他に、「ビオフェルミン」などの整腸剤もありますが、今回は、即効性がある下剤と便秘薬に絞って、考えてみます。

 

薬剤師さんのおすすめは?

ネットでもある程度情報を集めることはできましたが、やはり専門家に直接聞いてみようと思い、近所の薬局で、薬剤師さんに質問することにしました。

 

「宿便の出し方として、どれがおすすめですか?」

 

と聞いてみると、

 

「コーラックやタケダ漢方便秘薬などの薬は、効果が強すぎるので、積極的にはおすすめできない。依存性もある」

 

との返答。

 

強制的に腸を動かして排便させる薬は、腸への負担も大きくなるのだとか。

 

「コーラックは確かに効き目が強そうですが、漢方もダメですか?」

 

と聞いてみると、むしろ漢方薬の方が強い成分が配合されていることもあり、漢方だから腸にやさしいとも限らないそうで、意外に感じました。

 

では、腸に負担をかけずに宿便を出す薬はないか聞いてみると、マグネシウム系の「ミルマグ」を勧められました。

 

そこでその場でミルマグを購入して、その日から飲み始めました。

 

ミルマグは、まったく効かない…

ところが、これがまったくと言っていいほど、効きません。

 

ミルマグは、マグネシウムによって、腸の中の「水分量」を増やしてくれる薬だそうです。

 

しかし、私の宿便が溜まった腸に、ただ水が増えただけで、肝心の宿便は、びくとも動かない感じでした。

 

むしろ、宿便が溜まっている腸内で水がチャポチャポ増えて、泥水のようにあふれている気がして、気持ち悪くなってきました。

 

植物系の便秘薬を試すことに

ミルマグが自分には合わなかったので、近所の薬局には置いていなかった、植物系の便秘薬を取り寄せて試すことにしました。

 

植物系の便秘薬なら、コーラックや漢方薬系の便秘薬よりも、体にやさしいのではないかと思ったからです。

 

ネットで調べて、検索の上位に出てきた「トランジット」という薬を注文しました。

 

宿便を出す薬「トランジット」を入手

注文してから数日後に、クロネコヤマトのネコポスで、トランジットがポストに投函されていました。

余談ですが、普段、不在がちな私にとっては、ポスト投函で届くのは、とてもありがたいことです(最近は、再配達による負担増が問題になっていますしね)。

 

さっそく、トランジットの包装を開封してみると、ピンク色の箱が入っていて、さらにその中に、パウチフィルムに個包装された薬が入っていました。

 

 

 

このような包装の便秘薬は、珍しいのではないでしょうか?

 

薬局などでは見掛けませんし、私は初めて見ました。

 

詳しいパンフレットなどは封入なしでちょっと戸惑う

まずは、トランジットの詳しい使い方や注意事項を読んでから使おうと思いましたが、今回届いた包装の中には、ポンと薬本体と納品書が入っていただけで、パンフレットなどは入っていませんでした。

 

私は事前にしっかり説明書を読みたいタイプなので、ちょっと戸惑いながら、薬の箱の中に入っていた小さな説明書に目を通しました。

 

そこには、一般的な薬によく掲載されている「使用上の注意」と、薬としての効能効果・用法用量・成分などが記載されていました。

 

成分を見て、「しまった!」

トランジットの説明書の中の成分に目を通したとき、

 

「しまった!」

 

と思いました。

 

そこには、「センナ」「ダイオウ」の文字が。

というのも、薬剤師さんが、

 

「コーラックにはセンナが、タケダ漢方便秘薬にはダイオウが入っているので、腸に負担をかけてしまうんですよ」

 

と言っていたのです。

 

センナやダイオウを避けたつもりが、どちらも入っている便秘薬を入手してしまいました。

 

せっかくなので試してみることに

しかし、何事も試してみないことには、わかりません。

 

せっかくなので、トランジットを試してみることにしました。

 

先ほどの説明書には、用法・用量が、下記の通り記載されていました。

 

次の量を1日2回朝夕の空腹時にコップ一杯の水又はお湯と一緒に服用してください。

ただし、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。

・成人(15歳以上)1回 1/2〜1包

 

 

そこで、出掛ける予定のない休日の前夜、就寝前に、1/2包を、コップ1杯の水で飲んでみました。

うーん、お腹が痛い!やっぱり痛い!

その日は、「朝になって、効いていてくれたらいいな」と思って眠りについたのですが、真夜中、なんとも言えない腹痛を感じて、目が覚めました。

 

時計を見ると、まだ午前2時過ぎです。

 

トランジットを飲んでから、3時間程度しか、経っていません。

 

そのまま再び眠ってしまおうと思いましたが、意に反して、腹痛はどんどん強くなっていきます。

 

「もう、トランジットが効いてきたのかな?」

 

と不思議に思いながらも、トイレに行くことにしました。

 

トイレに座ったけれど…出ない!

トイレに向かって歩きながら、明らかに、普段は感じないキリキリとした腹痛が、下腹部を襲ってきます。

 

「やっぱり、この腹痛は、トランジットを飲んだからだ」

 

そう思いながら、トイレに座りましたが……、出ません。

 

お腹は痛いし、何かが出そうな気配はあるのですが、全然、出てきてくれないのです。

 

痛いし出ないし眠いし……、若干、嫌になりながらがんばってみましたが、どうしても、ダメでした。

 

そうこうしているうちに、だんだんお尻まで痛くなってきたので、一度、寝室に戻ることにしました。

 

出そうで出ないから、眠れない…

寝室に戻りベッドに潜っても、まだ腹痛は続いています。

 

お腹を下しているときのような、「今にも出そうな感じ」もあります。

 

出そうなのに出ないので、不安で、なかなか眠りにつくこともできません。

 

腹痛と闘っているうちに外も明るくなってきてしまい焦りましたが、気付くとウトウトと眠っていたようでした。

 

翌朝、結局出ないままに終わる

翌朝、熟睡できないままに目が覚めると、腹痛はもうなくなっていました。

 

痛みはないものの、なんとなく下腹部を中心に、重だるい感じがします。

 

その後、いつ薬の効果で便意が来るかわからないので、いつでもトイレに行ける体制で待っていました。

 

しかし、結局、何も出ないままに終わってしまったのです。

 

用量が少なかったのか?

腹痛と戦い、寝不足にまでなったのに、肝心の宿便が出ないなんて……。

 

とても損した気分になりましたが、恐らく、私の頑固な宿便には、用量が少なかったのではないでしょうか。

 

「初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください」

 

と記載されていたので、1/2包を飲みました。

 

しかし、この量では、私の場合は、お腹は痛くなるものの、宿便の出し方として効果を発揮するところまでは、至らなかったようです。

 

少しずつ増量して、追加で飲んでみれば、満足できる結果が得られるかもしれません。

 

ただ、薬特有の体調の悪さのようなものを感じて、再度飲む気にはなれませんでした。

 

宿便を出す薬トランジットのメリットとデメリット

メリット

(1)薬ならではの効果の強さ

今回、私は残念ながら、適量を見つけられず、十分に効果を感じられなかったのですが、宿便を出す薬を使うメリットは、やはりその効果の強さではないでしょうか。

 

私の場合、飲んで4時間後には、腹痛という形ではありますが、薬の作用が出ていました。

 

適量さえ見つけることができれば、確実に出そうな感触はありました。

 

(2)飲むだけで手軽

宿便の出し方には、いろいろな種類がありますが、「薬を飲むだけ」という手軽さは、魅力的です。

 

自分の体に薬が合う人にとっては、これ以上簡単な出し方は、ないのかもしれません。

 

デメリット

(1)依存性がある

薬局で、下剤や便秘薬について薬剤師さんに質問したときに、一番気になったのは、「依存性がある」ということでした。

 

最初は少量の薬で十分に効果があった人でも、飲み続けるうちに、徐々に薬に対する耐性ができてしまうそうです。

 

すると、薬の量を増やさないと効果が得られなくなり、規定量以上の薬を飲んでしまう人もいるということでした。

 

特に、ダイエット目的で安易に下剤を使っている若い女性に、そういう人が多いようです。

 

(2)自力で排便する力が失われる

センナやダイオウを配合している下剤・便秘薬は、強制的に腸を動かして排便させるので、徐々に自力で排便する力が失われてしまうという話も聞きました。

 

ということは、一生、薬を飲み続けなければ、排便できなくなってしまうということです。

 

「じゃあ、薬を飲み続ければいいや」

 

と思う人もいるかもしれませんが、やはり「薬」である以上、必ず副作用もあるわけで、それはとても不安に感じました。

 

実際に、長年、センナやダイオウが入った薬を飲み続けると、「大腸メラノーシス」という腸が真っ黒になる症状が現れるそうです。

 

「大腸メラノーシス」で画像検索すると、実際の画像がたくさん出てきます(こちら

 

これを見ていて、本当に怖くなりました。

 

(2)体を冷やしてしまう

センナやダイオウは、腸を冷やしてしまうので、冷え性の原因にもなります。

 

実際に、下剤を常用している女性は、ほとんどの人が冷え性に悩まされているそうです。

 

体が冷えれば、ますます体の調子が悪くなって、宿便が溜まりやすい状態になってしまいます。

 

宿便の出し方として、長期的に考えると、逆効果の面がありそうです。

 

さらに、女性の場合、生理痛がひどくなる原因にもなるそうなので、心当たりがある人は注意した方が良さそうです。

 

(3)腹痛がつらい

真夜中に襲ってきた、キリキリと痛む下腹部痛は、とてもつらいものがありました。

 

お腹を壊しているときのように波があって、強い痛みの波が来たときには、ちょっと冷や汗をかいてしまったほどです。

 

毎回、この腹痛に堪えないといけないのであれば、たとえスッキリと宿便が出たとしても、他の出し方を探したいと思いました。

 

(4)飲むタイミングが難しい

宿便を出す薬は、腹痛や、我慢できない便意が来る可能性がある以上、それを考慮して飲む必要があります。

 

私の場合、翌朝すっきりしたいという思惑で寝る前に飲みましたが、真夜中に腹痛が来てしまいました。

 

睡眠不足にはなったものの、自宅にいるときだったので、大きな問題にはなりませんでした。

 

しかし、これが外出先や仕事中だったら……、と考えると、飲むタイミング・出し方の難しさを感じます。

 

(5)適量がわからない

私は、1/2包を飲んだところ、お腹は痛くなったけれど、肝心の宿便が出ない、という状況でした。

 

さらに量を増やせば、宿便の出し方として成功したのかもしれません。

 

しかし、量を増やせば、あのつらい腹痛も強くなるのかと思うと不安があります。

 

人によって適量が異なっており、それを試行錯誤して自分で見つけなければならない、というのは、負担が大きいと思いました。

 

宿便を出す薬トランジットの総合評価は★1.6

 

出た宿便の量 0
即効性 2
継続性 1
安全性 1
使いやすさ 3
価格 3

 

市販の宿便を出す薬として試してみたトランジットですが、総合的な評価は、かなり低くなってしまいました。

 

これは、私が事前に薬剤師さんから、「センナやダイオウは良くない」と聞いていたので、その先入観も入ってしまっているかもしれません。

 

こういった強制的に出す薬で、救われているという人もいると思います。

 

ただ、私個人的には、「薬に頼らない宿便の出し方」を見つけたいと、改めて強く感じる結果となりました。

 

本当にまったく何をしても出なかったときの緊急対応としては良いかもしれませんが、常用はしないように気を付けたいものです。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*