宿便の出し方—「強制的に押し出す!マッサージ編」

いろいろな宿便の出し方を試しているのに、なかなか宿便が出ない場合、強制的にマッサージによって宿便を押し出した方が、効果的なケースがあります。

 

宿便がたまり始めたばかりなら、いくつかの宿便の出し方を試すだけで、スムーズに宿便が出るケースが多いのですが、何年も宿便が滞留した状態で生活してきた人の場合、宿便が大変頑固になっています。

 

多少、腸の動きを良くしたところで、宿便がウンともスンとも言わない、というような場合もあるのです。

 

そんなときには、外側から物理的にマッサージを行うことで、宿便を強制的に動かしてしまうという宿便の出し方があります。

宿便を出すマッサージをする前の注意事項

マッサージは、宿便の出し方としてとても有効ですが実践する前に、いくつか注意事項があります。

 

食後は避けること

食後は、胃腸に食べ物が入っているので、マッサージをすることで消化不良を起こすことがあります。

 

激しい痛みが出たり、気分が悪くなったりする危険もありますので、食後は避けましょう。

 

食事を食べる前の、空腹なタイミングが、マッサージをするのに最適です。

 

強い力をかけないこと

宿便をなんとか出したい!という気持ちが急くばかりに、強い力で強引にマッサージをしてしまう人がいます。

 

これは、腸を痛めてしまい、逆効果になりますのでやめましょう。

 

強い力はかけずに、自分で気持ちが良いと感じられる程度の、やさしいタッチで行ってください。

 

やりすぎに注意すること

マッサージを始めると、つい長時間、何回もやりたくなることがあります。

 

しかし、マッサージをしすぎることも、腸にとっては負担になってしまいますので、控えるようにしましょう。

 

1日に1〜2回を、毎日コツコツと続けることが、宿便の解消に役立ちます。

 

手を温めて行うこと

冷え性の人は特に注意して欲しいのですが、冷たい手でマッサージをすると、腸が冷えて逆効果になります。

 

マッサージを行う前には、手を温めておくようにしましょう。

 

体調が悪いときや生理中は避けること

体調が悪いときや生理中は、いつもと体の状態が違うので、マッサージは避けておいた方が良いでしょう。

 

同じく、極端に睡眠不足だったり、疲労がたまったりしているときも、マッサージはお休みしましょう。

 

宿便マッサージの方法

マッサージ前の注意事項が把握できたところで、早速、宿便の出し方としてのマッサージ法をご紹介していきます。

 

(1)腸もみマッサージ

腸もみマッサージは、その名の通り、腸をダイレクトにもむマッサージです。

 

あおむけでも、椅子に座った状態でも、立った状態でもできるので、一日の中の隙間時間に手軽に取り組むことができます。

 

腸もみマッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

脇腹をつかむように、ウエストの横に手を置いて、モミモミモミ……と10回もみます。

 

おへその左横に小腸があるので、この部分をもみほぐします。軽い力で指の先を使って、グリグリと押すようにしましょう。

 

次に、おへその右下から大腸が始まっているので、この部分をもみほぐします。宿便がたまっている場合、ここがしこりのように固くなっています。

 

軽い力で、丁寧にもんでいきましょう。

 

続いて、そのまま時計回りにもんでいきましょう。

 

大腸は、おへその右側から時計回り(右回り)に回り、出口が左下の下腹部になります。この道を、宿便が通って出て行ってくれるようにイメージしながら、行ってください。

 

以上で、ワンセットになります。

 

ポイントは、マッサージする向き。大腸は、

 

おへその右下→右上→左上→左下→肛門

 

の位置にあります。この流れと逆向きにマッサージすると、さらに宿便が滞ることになりますので、向きに注意しましょう。

 

(2)「の」の字マッサージ

腸もみマッサージより簡単にできるのが、「の」の字マッサージです。

 

おへそから始まって、「の」の字を描くようにさするだけ。いわば、腸もみマッサージの簡易版のような感じで、宿便の移動を助けてくれます。

 

トイレに行く前の習慣にすれば、出した後のスッキリ感が変わってきます。

 

(3)挟み撃ちオイルマッサージ

宿便は、お腹が冷えていると、よりひどくなります。冷え性の人は、お腹の血行を促進して、お腹を温めるように心掛けましょう。

 

お腹の血行を良くするためにおすすめなのが、「挟み撃ちオイルマッサージ」です。

 

挟み撃ちオイルマッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

お風呂に入り、体全体をよく温めておきます。

 

お風呂から上がって体を拭いたら、手のひらにボディオイルをたっぷり取り、両手のひらをこすり合わせるようにします。

 

その手を、片手はお腹、片手は腰に当て、両手で挟み込むようにします。

 

その状態で、クルクルと円を描くようにマッサージします。

 

このマッサージ法は、お腹と背中を同時にマッサージするので、お腹の奥(体の芯)まで血行が促進され、冷え性が改善しやすいのが特徴です。

 

また、使うボディオイルに、宿便に効果があるアロマオイル「フェンネル」「マジョラム」「オレンジ」などを混ぜると、さらに効果が倍増します。

 

次の日にドカンと宿便が出ることもあります。

 

なお、余談になりますが、女性の場合、「子宮」の温めにも役立つため、生理痛がつらいときにもおすすめです。

 

(4)ボウルマッサージ

非常に頑固な宿便に悩まされている人におすすめなのが、強力なパワーのある「ボウルマッサージ」です。

 

ボウルマッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

キッチンで使う「ボウル」を準備します。

 

そのボウルの上に、下腹部を乗せるようにして、うつぶせになります。

 

宿便が動くように、かける体重やバランスを加減しながらマッサージします。

 

この方法は、自分の手だけでは届かない、お腹の奥の宿便にまでアプローチできる方法です。

 

ただし、その分、とても効果が強いので、体重のかけ方を間違えると腹痛を起こすことがあります。

 

無理せずに力をかけすぎず、様子を見ながらマッサージしてください。

 

ボウルの大きさによっても、アプローチできる位置が変わりますので、自分に合うボウルを探してみましょう。

 

(5)落下腸マッサージ

「落下腸マッサージ」は、腸が落下している人向けのマッサージです。

 

「胃下垂」という言葉を聞いたことがあると思いますが、胃下垂は本来、みぞおち辺りにあるべき胃が、下腹部まで下垂している状態です。

 

落下腸は、いわば胃下垂の大腸版。本来あるべき位置に大腸がないので、骨盤の中で大腸が折れ曲がり、便の通り道が狭くなってしまいます。

 

すると、狭くなっている部分に、宿便がたまりやすくなるのです。

 

胃下垂の人は、胃に押し下げられて大腸も下垂しやすいので、落下腸になっている可能性が高いでしょう。

 

落下腸マッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

あおむけに寝て、両膝を立てます。

 

腰の下に、バスタオルを巻いて筒状にしたものを入れます。腰が10cm程度、浮けばOKです。

 

両手を重ねて、恥骨の部分に当てます。そこから、おへそに向かって、マッサージします。

 

恥骨側に落ちている腸を、おへその位置に押し上げるようにイメージしましょう。

 

こうすることで、いつも、下腹部辺りがポッコリと膨らんでいる人も、それが押し上げられて、下腹部がペタンコになるのが分かるかと思います。それが、本来の状態です。

 

最初のうちは、しばらくするとまた腸が落下して元の位置に戻ってしまいますが、マッサージを続けるうちに、徐々に正しい位置をキープすることができるようになります。

 

また、落下腸マッサージは、お風呂の湯船に浸かっているときにもおすすめです。水の中では、浮力(上に浮き上がる力)が働くので、落ち込んだ腸を上に引き上げやすくなります。

 

(6)ねじれ腸マッサージ

落下腸の他にもうひとつ、宿便がたまりやすい腸の状態があります。それが、「ねじれ腸」です。

 

ねじれ腸は、腸がねじれている状態。水道の蛇口でつないだホースをねじるとねじれたところで水が止まるように、宿便がねじれた腸の部分で止まって、停滞してしまいます。

 

ねじれ腸は、生まれつきの腸の形状によることが多いので、治すことは難しいものです。

 

しかし、腸がねじれている場所をマッサージすれば、ねじれ腸でも宿便が出せるようになります。

 

ねじれ腸マッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

腸のねじれが起きやすい場所を、手で触って確認します。

 

・あばら骨の下辺りで右から左へお腹を横切っている「横行結腸」

・横行結腸からつながって左脇腹を下に下がっていく「下行結腸」

・下行結腸から肛門へとつながる恥骨の上辺りにある「S字結腸」

 

この中で、触ってみて固さを感じる部分があれば、そこがねじれて宿便がたまっています。

 

「横行結腸」に宿便がたまっている場合は、横行結腸に両手のひらを当てて、そのまま上下にゆさゆさと揺するようにします。

 

横行結腸の宿便が、揺れて下へと落ちていくようにイメージしてください。

 

「下行結腸」宿便がたまっている場合は、右手の手のひらを左脇腹をつかむように当てて、そのまま下へさするようにスライドさせます。10回行いましょう。

 

「S字結腸」に宿便がたまっている場合は、恥骨の上部分に右手の中指・人さし指・薬指の3本を押し込むように当てて、その場で小さな「S」の字を描くように細かくマッサージします。10回行いましょう。

 

この他に、ねじれ腸の人は、「ツイスト運動」が効果的だといわれています。ラジオ体操の左右にひねる運動をしたり、ゴルフやテニスなどのひねる動作があるスポーツをしたりするのがおすすめです。

 

(7)ゆらゆらマッサージ

ゆらゆらマッサージは、宿便が滞留している腸を、ゆらゆらと揺らすことで、動きやすくするマッサージです。

 

コツは、余分な力を抜いて、「だら〜っ」とリラックスした状態で行うこと。夜寝る前など、気持ちが落ち着いているときがおすすめです。

 

ゆらゆらマッサージによる宿便の出し方は、次の通りです。

 

あおむけに寝て、リラックスし、全身の力を抜きます。

 

お腹の上に両手を置き、ブルブルブル……と小刻みに震わせるようにします。両手は重ねずに置いて、できるだけ広範囲を震わせるようにしましょう。

 

その状態で、骨盤をゆらゆらと左右に揺らしましょう。「マーメイド(人魚)」になったつもりで、腰から下をくねくねと揺らしてください。30秒を1セットとして、3〜5セット行ってください。

 

このゆらゆらマッサージは、骨盤のゆがみを取る効果もあります。

 

骨盤のゆがみは宿便の原因になりますから、ゆらゆらマッサージをしながら、骨盤も整えていきましょう。

 

(8)つむじマッサージ

昔、「つむじを押すと、下痢をする」と聞いたことはありませんか?

 

根拠のない話のように思えますが、実際につむじには、便秘に効くツボがあります。

 

シャンプーをするついでに、つむじをマッサージするようにしましょう。

 

人さし指と中指を使って、グリグリと強めに指圧するようにマッサージすると、宿便が出やすくなります。

 

(9)親指の付け根マッサージ

手の甲側の、親指の付け根と人さし指の付け根が交わるところにある、少しへこんだ場所は、「合谷(ごうこく)」という、宿便に効果があるツボです。

 

気付いたときに、マッサージするようにしましょう。

 

もう片方の手の親指と人さし指で、挟むようにしてグリグリと揉みほぐすようにしてください。グーッと押すようにしてもOKです。5秒×3回程度、行いましょう。

 

なお、このツボは、便秘以外にも、特に女性のあらゆる悩みに効果があるツボとして知られています。例えば、

 

・頭痛

・肩こり

・不眠

・肌荒れ

 

などに効果があり、「万能のツボ」と呼ばれるほどです。

 

仕事中でも、家事の合間でも、お風呂でも、いつでも簡単にマッサージできるのもうれしいところ。

 

合谷をマッサージするようになってから、宿便がどっさり出たという人もいますから、毎日続けてみましょう。

 

まとめ

マッサージによる宿便の出し方だけでも、たくさんの種類があり、驚いた人もいるかもしれません。

 

これらのマッサージは、人によって相性がありますので、まずは自分で試してみることが重要です。

 

マッサージをした後に心地良い感触があり、お腹の中で腸が動く実感が得られれば、そのマッサージはあなたに合った宿便の出し方です。

 

ぜひ、マッサージで宿便のない腸を作っていきましょう。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*