つらい便秘の原因は「宿便」のせいだった!!

「今日も出ない……」

 

と、パンパンに張ったお腹を抱えながら、暗い気分になっている人はいませんか。

 

便秘に悩んでいる人は非常に多く、特に女性には、深刻な便秘を抱えている人が多くいます。

 

何とか便秘を解消したいと、あらゆる方法を試してきたけれど、さっぱり効果が出せなかったという人もいるでしょう。

 

実は、そんなときに疑って欲しいのが、「宿便」の存在です。

 

宿便があると、どんなに便秘解消法をがんばっても、一向に便秘が解消できないということが起きるのです。

 

この記事では、宿便がどのようにして便秘の原因になるのか、詳しくお伝えします。

慢性的に便秘な人のほとんどに存在する「宿便」

一時的に生活リズムが崩れたり、旅行などで環境が変わったりしたときに、便秘になることは、誰にでもあり得ることです。

 

通常は、いつもの生活に戻っていくとともに、便秘も解消して、また快便な日々を取り戻すことができます。

 

ところが、便秘を解消することができず、慢性的に、便秘の状態が継続しているのは、問題です。

 

本来、排便は1日1回、すっきりと「出た!」という実感とともにあるのが健康な状態です。

 

それが、1週間に数回以下しかお通じが来なかったり、排便しても、まだ残っているような「残便感」があったりすると、それは「便秘」となります。

 

慢性的な便秘症の人は、ほとんどが、腸の中に「宿便」を抱えています。

 

毎日のお通じで出すべき老廃物や毒素が出し切れず、腸の中に宿便となって滞留しているのです。

 

便秘の原因・宿便があると、便秘はどんどん悪化する

宿便がある限り、便秘を解消するのは難しいでしょう。

 

というのも、宿便があると、便秘はどんどん悪化する一方なのです。

 

今までに、自分なりの便秘解消法にチャレンジしても便秘が治らなかったのは、腸の中に居座る宿便が、邪魔をしていたからです。

 

宿便こそが、便秘の原因だったのです。

 

具体的に、宿便は、次のような邪魔をしています。

 

(1)健康な便を作るのを妨げる

健康な便は、バナナのような太さと柔らかさがあって、お尻からスルンッと楽に出てきます。

 

ところが、便秘症の人は、便がコチコチに固くなってしまったり、ウサギのふんのような便しか出なかったりします。

 

中には、排便が怖くなるほど、便の状態が悪く、脂汗をかきながらトイレに閉じこもった経験がある人もいるでしょう。

 

健康な便を作るためには、腸が健康にしっかり働く必要があります。

 

しかし、腸に老廃物や毒素の塊である宿便が占拠していては、腸は本来の働きができなくなり、排便がつらくなってしまうのです。

 

(2)善玉菌を減少させる

便秘対策には腸内に乳酸菌などの善玉菌を増やすことが重要だと聞いて、毎日ヨーグルトなどを食べている人も多いでしょう。

 

一方、宿便が腸内にある状態は、悪玉菌にとって好都合。腐敗した宿便をエサにして、悪玉菌がどんどん増殖するからです。

 

悪玉菌が増殖すると、その分、善玉菌は減少します。

 

宿便がひどくなると、いくらヨーグルトを食べても善玉菌の増殖が間に合わず、腸内環境がどんどん悪化してしまいます。

 

(3)便の通り道をふさぐ

大腸は、お腹の中をぐるりと囲むように位置しています。そのため、便の通り道には、いくつかの曲がり角があります。

 

この曲がり角部分に、宿便は滞留しやすいのです。

 

すると、便の通り道がふさがれるので、その位置で突っかかって便が肛門側へ降りてきません。

 

そうこうしているうちに、滞留している宿便が増えていき、便秘の原因となってしまうのです。

 

宿便と便秘をダブルで抱えている人に注意して欲しいこと

宿便と便秘をダブルで抱えている人は、そのまま放置していると、体にいろいろな悪影響が出てくることが考えられます。

 

例えば、次のような症状に心当たりはないでしょうか。

 

・生理痛がつらい、PMSの症状がある

・偏頭痛がある

・体重が徐々に増えている

・腹痛がある

・冷え性が悪化している

 

これらは、宿便と便秘をダブルで抱えている人に多く見られる症状です。

 

今はまだ我慢できていても、ずっと現在の状態を放置していると、症状が徐々にひどくなっていくことが考えられます。

 

また、腸内環境は、免疫力を強める上でも非常に重要な場所。

 

便秘の原因である宿便を放置して汚いままにしていると、大腸がんをはじめとした怖い病気の原因にもなりかねません。

 

できるだけ早く、便秘と宿便を解消するようにしていきましょう。

 

便秘を解消する前に、宿便の出し方を実践するのが先

便秘と宿便を解消するときに、重要なのは、まずは「宿便の出し方」を実践していくということです。

 

便秘の原因である宿便がたまったまま、便秘解消のアプローチを続けても、なかなか良い結果が得られません。

 

まずは、今たまっている宿便の出し方を検討して、一度すっきりと出すことを考えていきましょう。

 

今たまっている宿便の出し方として、特におすすめなのは「酵素ファスティング」です。

 

酵素ファスティングは、酵素ドリンクで酵素と栄養を補給しながら行うプチ断食で、仕事をしながらでも簡単に実践ができます。

 

一切の食事や水を断つ「断食」は、今たまっている宿便を根こそぎ出すための宿便の出し方として、高い効果があることが知られています。

 

それを手軽に誰にでも行えるように進化させたのが「酵素ファスティング」といえるでしょう。

 

宿便の出し方ができれば、便秘の原因は自然と解消していく

今まで、「便秘を解消すること」にしか意識がなかった人は、便秘の原因が宿便にあったと聞いて、目から鱗が落ちたかもしれません。

 

便秘と宿便は、いわば切っても切れない関係。

 

宿便の出し方が身につけば、便秘はおのずと解消していきます。

 

宿便がたまっていないきれいな腸なら、慢性的な便秘に陥ることはありませんし、一時的に便秘になったとしても、すぐにいつものリズムを取り戻すことができるのです。

 

宿便の出し方で便秘を解消すると、こんなに楽しい!

宿便の出し方を実践して、便秘と一生サヨナラできた人の声で多いのは、「日々の生活のレベルが向上した」という声です。

 

あまりにも何年、何十年という長期間に渡って便秘を抱えてきた人は、それが普通になってしまって気付いていませんが、便秘によって体は、たくさんの負担を強いられていたのです。

 

例えば、宿便の出し方で便秘を解消すると、次のようなことが起きます。

 

(1)口臭・体臭・加齢臭がしなくなる

宿便がたまっていると、口臭や体臭がひどくなります。

 

しっかり体を清潔にしているのににおってしまい、それを気に病む人も少なくありません。

 

「もう年だから、加齢臭なのかな……」と諦めていた人も、宿便を出して便秘解消した後は、すっかり無臭になるケースは多く見られます。

 

宿便の出し方を実践することは、どんなデオドラント剤よりも消臭効果があります。

 

(2)朝、すっきり起きられるようになる

年々、朝起きるのがつらくなっている人はいないでしょうか。前日の疲れがなかなか抜けず、怠けているような罪悪感を抱えつつも、起きられない……。

 

それは、あなたが怠けているからではなく、宿便の存在によって、本来のエネルギーを奪われていたからかもしれません。

 

宿便の出し方を実践した人は、朝、すっきり起きられるようになります。

 

今までは目覚まし時計のけたたましい音に引きずられるように起きていたのに、目覚まし時計が鳴る前に、「パッ!」と気持ち良く起きられるという人も多くいます。

 

(3)ウエストが細くなる

宿便と便秘をダブルで抱えている人は、体重が徐々に増えがちで、特にウエスト周りの脂肪が増えやすい傾向にあります。

 

若い頃はキュッと引き締まったウエストだったのに、今は樽みたい……。なんて自虐していた人も、宿便の出し方をマスターすると、またキュッとウエストが締まっていきます。

 

宿便が存在していた体積分が減るのはもちろんですが、宿便によって代謝が悪くなったり、冷えて脂肪が付きやすくなったりしていた分も一気に解決します。

 

そのため、停滞していた体重もするすると勝手に落ちていき、がんばらずに理想体重を達成することも十分に可能です。

 

長年便秘だった人が、宿便の出し方を実践するときの注意事項

もう10年、20年と便秘症とともに歩んできている人は、宿便の出し方を実行するときに注意して欲しいことがあります。

 

長年便秘だった人は、便秘の状態が慢性化して、宿便の程度もかなりひどくなっている傾向があります。
すると、他の人に比較して、宿便の出し方がスムーズに進まないケースがあるのです。

 

しかし、何十年も宿便と便秘を抱えていたのです。その解消に多少の時間がかかるのは、考えてみれば当然ですよね。

 

万年便秘症の人が宿便の出し方に取り組むときの注意事項を、以下にまとめました。ぜひ一読してみてください。

 

(1)複数の宿便の出し方を並行して実践する

便秘症の人は、便秘の原因となるほどのかなり頑固な宿便を抱えています。そのため、一つの方法だけでは、思うような結果が出ないケースもあります。

 

そんなときには、いくつかの宿便の出し方を組み合わせて、自分なりにプランを作るようにしましょう。

 

例えば、

 

・酵素ファスティング

・乳酸菌系サプリメント

・宿便の出し方エクササイズ

 

などのメニューを組み合わせることで、相乗効果が期待できます。

 

(2)すぐに結果が出なくても諦めない

宿便の出し方を体験してみて、2、3日試して変化が感じられなかったからといって、すぐにやめてしまう人がいるのですが、これはとてももったいないことです。

 

宿便の出し方には、「腸内環境」を変化させることがとても大切です。

 

しかし、腸内環境は、一朝一夕で変わるものではありません。

 

最低でも「2週間」は様子を見る必要があるのです。

 

一つの方法を始めたら、2週間以上は継続して、腸の変化を観察しましょう。

 

よくよく観察していると、何らかの良い兆候が発見できることが多いものです。ぜひ、自分の腸と向き合いながら、宿便の出し方を進めていきましょう。

 

(3)食事や生活習慣にも気を配る

宿便の出し方を実践しているのに、食事や生活習慣はめちゃくちゃ……では、出るはずの結果も出なくなります。

 

食事や生活習慣も、便秘の原因になるのです。

 

食物繊維が多く栄養バランスの良い食事や、たっぷりの睡眠と休養は、便秘を解消する上で欠かせないものです。

 

せっかく宿便の出し方に取り組むのですから、食事や生活習慣にも気を配って、最高の結果を出せるようにしましょう。

 

(4)自分に合う宿便の出し方が必ずあると信じる

長年便秘症だった人は、今までにすでにいろいろな方法を試した経験があるでしょう。

 

「一生懸命いろんなことを試してみた。それなのに、ダメだった」という経験から、「自分の宿便は特別で、どんな方法でも出せないのではないか」と考えてしまう人が多くいます。

 

しかし、それは、単に今までに試した方法が悪かっただけのこと。

 

どんな人にも、必ず合う宿便の出し方が存在しています。それに出会うことができれば、あなたの宿便も、すっきりと出すことができるわけです。

 

それを信じて、「自分に合う宿便の出し方に出会えるまで、腰を据えて試していこう」という姿勢が、とても大切になります。

 

(5)テレビや雑誌の情報よりも体感を大切にする

自分なりに、宿便の出し方を探していこうとするときに、必要以上にテレビや雑誌の情報に惑わされないようにしてください。

 

便秘に良い食べ物やサプリメント、新しい薬などがセンセーショナルに報道されているのを見掛けると、つい試してみたくなる気持ちはとてもよく分かります。

 

しかし、それよりももっと大切にして欲しいのは、自分の「体感」です。

 

流行しているものよりも、自分がピンと来たものや、実際に試して体が気持ち良いと感じたものの方が、効果が高いことが多いのです。

 

このサイトでは、昔ながらの方法から最先端の方法まで、幅広く宿便の出し方をご紹介しています。

 

ぜひ、じっくりと一つずつ、自分に合う宿便の出し方を探してみてください。便秘の原因である宿便が解消されれば、必ず便秘の悩みは解決できます。

 

まとめ

便秘を抱えながら生きているのは、とてもつらいものですよね。

 

しかも、深刻な病気になるリスクが上がったり、ダイエットがスムーズにいかなかったり、便秘を抱えていることで「かなりの損」をしていることも事実です。

 

便秘を解消するためには、宿便の出し方にコツコツと取り組むことが近道。

 

宿便のない、美しい腸で、「毎日スッキリ快便!」は、決して夢ではありません。ぜひ、長年の便秘を手放して、軽やかな体と心を手に入れてくださいね。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*