その冷え、宿便が原因かも…治らない冷え性の原因とは

「冷え性」を持っていると、夏も冬も、一年を通して、つらい思いをすることが多いものです。

 

夏のオフィスや店舗ではエアコンが効きすぎていて、膝掛けやカーディガンが手放せない。

 

冬はちょっと外へ出るだけで手足が氷のように冷たくなり、震えが止まらない……。

 

そんな冷え性を治すために、さまざまな試みを繰り返してきた人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、実は、冷え性の原因は、「体の中」にあることが多いのです。その中でも、意外な盲点になっているのが「宿便」の存在。

 

この記事では、どんな風に宿便が冷え性の原因になっているのか、その原因を取り除くための宿便の出し方はどうすれば良いのか、徹底解説します。

宿便が冷え性の原因になる!

冷え性に困っている人は、同時に腸の中に宿便がたまっているケースが非常に多く見られます。

 

便秘がちで毎日スッキリと排便できていなかったり、排便しても、健康的なバナナ便がどっさり!とはいかず、どうもまだ残っているような感覚があったり……

 

そんな人は、長い間、停滞を続けている宿便が、腸の中にみっしりと詰まっているかもしれません。

 

この宿便こそが、つらい冷え性の原因となるため、冷え性に悩んでいる人にとっては要注意なのです。

 

お腹全体を冷やす原因になる宿便

宿便がたまっていると、腸の活動を邪魔してしまうため、その周囲の血行が悪くなります。

 

そして、腸全体が、冷えていくことになるのです。

 

これはいわば、「腸の冷え性」という状態です。

 

ところで、冷え性を治すためには、「お腹を温めることが重要」と聞いたことはありませんか?

 

実際に、ホッカイロをお腹に当てたり、腹巻きをしてお腹を温めたりして、冷え性改善にチャレンジした経験がある人もいることでしょう。

 

私たちの体にとって、生命を維持する上で重要な臓器は、すべて体の胴体部分に集まっています。

 

胃腸、肝臓、腎臓……体は、これらの温度が下がることを、何よりも優先して防がなければなりません。

 

そのため、お腹の体温が下がれば、手足の血液をお腹に集めて、手足の体温を犠牲にしてでも、お腹の体温を上げようとするのです。

 

これが、手足が冷える「末端冷え性」の原因となります。

 

宿便がたまることの大きな問題は、最も温めるべきお腹を、どんどん冷やしてしまうことです。

 

宿便が存在するせいで、腸が冷え、その腸に隣接している周囲の臓器も冷えていきます。

 

すると、体は手足の血液を集めて、お腹の体温維持に励まなければならないのです。

 

宿便がたまっている場合、これ以上お腹が冷えないように、ホッカイロや腹巻きでカバーすることは有効です。

 

しかし、冷え性の根本的な原因である宿便の出し方を実践しない限りは、冷え性が続いていくことになります。

 

宿便は全身の血行不良の原因にもなる

宿便が冷え性の原因になるのは、これだけではありません。

 

宿便がたまっていると、全身の血行不良の原因となってしまうのです。

 

冷え性を改善する上で、血行を良くすることが重要だということは、多くの人がご存じでしょう。

 

血行を良くするためにお風呂に入ったり、運動したりして、冷え性改善に取り組んでいる人が多くいます。

 

しかし、宿便があると、血流が悪くなります。その原因は、宿便によって血液に入っていく「有害物質」の存在です。

 

便の中には、体にとって不要となった老廃物や、毒となる有害物質が含まれています。

 

これらを速やかに体外へ排出することは、便の重要な役割の一つです。

 

しかし、便が宿便化して、長期に渡って腸の中に滞留すると、宿便の中に含まれる有害物質が、腸から再吸収されてしまうのです。

 

再吸収された有害物質は、血液の中に混ざってしまいます。

 

血流を良くするためには、血液をサラサラにする必要がありますが、有害物質が血液の中に入り込むと、血液はドロドロになってしまいます。

 

ドロドロの血液では、スムーズに血管を通ることができず、血行不良となってしまうのです。

 

さらに、「冷え」も血行不良の原因となります。

 

つまり、宿便がたまっている体は、冷えと有害物質の両面から、血行不良を引き起こしてしまうことになるのです。

 

だからこそ、宿便がたまっている人の冷え性は治しにくいといえます。

 

逆に冷え性が宿便の原因になる面も

宿便がたまっている人は冷え性になりやすいのですが、実は、宿便と冷え性は、密接につながっています。

 

冷え性がきっかけで、宿便が発生してしまうことがあるのです。

 

宿便は、腸の動きが悪くなったり、腸内環境が悪化したりするとたまりやすくなるのですが、冷え性になると、腸の調子が悪くなります。

 

冷えた腸には、宿便がたまりやすい傾向があるのです。

 

そのため、冷え性・宿便のどちらか一方だけに対処するのではなく、この二つは連動していると考えて、両方を改善するための総合的なアプローチが必要になっていきます。

 

冷え性は万病の元、放置は危険

冷え性は、ただ寒くてつらいだけではありません。

 

「冷えは万病の元」という言葉がありますが、冷え性が原因となって、数々の大きな病気を引き起こす危険性が高いのです。

 

例えば、次のような症状は、冷え性によって引き起こされると考えられています。

 

・頭痛

・低血圧

・めまい

・生理痛・PMS

・肩こり

・腰痛

・不眠症

・不妊症

・更年期障害

 

特に女性の場合、冷え性を放置すると、いろいろな不調が心身に現れやすくなってしまいます。

 

宿便の出し方を学ぶことで、冷え性も宿便も、しっかりクリアしていきましょう。

 

冷え性の原因を断つ!宿便の出し方

さて、この項目からは、いよいよ具体的に宿便の出し方をご紹介していきます。

 

冷え性の人にとっては、冷え性を緩和しながら宿便の出し方を実践していくことが重要になりますので、一つ一つ、自分の生活習慣と照らし合わせながら確認してみてください。

 

(1)体を締め付ける下着はやめる

体を締め付ける下着は、血管を圧迫して血流を妨げるので、冷え性の原因になります。

 

特に、脚の付け根には大きな血管がありますので、下着で締め付けることはおすすめできません。

 

また、ウエスト部分がきつい下着は、腸の蠕動運動を妨げて、宿便の原因になります。

 

ちょっとしたことですが、下着を変えるだけで、根こそぎスッキリとした宿便の出し方ができた、という人もいるので、見直してみましょう。
最近では「ふんどしタイプ」の下着を愛用する女性も増えています。

 

それだけ聞くと、「まさか、ふんどしなんて!」と思うかもしれませんが、実は、若い女性の間でも、ふんどしが美容と健康に良いと注目されています。

 

まるでふんどしに見えないような、おしゃれなタイプがたくさん販売されていますので、一度チェックしてみると良いでしょう。

 

ふんどしの良いところは、なんといっても、ゴムが入っていないので、体を締め付けないところです。

 

毎日履くのは抵抗がある人でも、休日だけ、夜寝るときだけ、と限定的に使うだけでも効果が期待できますから、試してみましょう。

 

(2)冷たすぎる飲み物・食べ物を避ける

氷の入ったドリンクや、アイスクリームやかき氷など、冷たすぎる飲み物・食べ物は、冷え性にとっても宿便の出し方にとってもよくありません。

 

胃腸を一気に冷やしてしまうので、体が底冷えするように冷えてしまいます。

 

胃腸の動きもストップするので、宿便がたまりやすくなります。

 

冷え性と宿便を改善するためには、常温以上の温度のもの以外は、口にしないようにしましょう。

 

カフェなどで冷たいドリンクを頼む際にも、「氷抜きで」とオーダーすれば対応してもらえます。

 

どうしてもアイスクリームやかき氷を食べたいときは、一気に大量に食べるのは禁物です。

 

一口ずつゆっくりと食べ、口内でできるだけ温めるようにしてから飲み込むようにしましょう。

 

(3)食べ物をよく噛んで食べる

食べ物をよく噛むことは、それだけで体をポカポカと温める効果があります。

 

毎日運動するのは難しくても、食事の度にしっかり噛むことはできるでしょう。

 

一口30回以上を目安に、よく噛むようにしてください。

 

よく噛むことで、宿便の出し方にも良い影響があります。あまり噛まずに飲み込む癖がある人は、消化不良に陥りやすく、宿便がたまりやすくなってしまうのです。

 

口内で唾液と混ぜ合わせてよく噛んだ食べ物は、胃腸に入ってからも、スムーズに消化され、腸内で滞留することなく、体外へと排出されます。

 

なお、余談ですが、よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、満腹感が早く来るようになります。

 

「早食いはデブの元」といわれますが、よく噛まずに食べると、満腹感が出てくるのが遅くなるので、それまでの間に食べすぎてしまうのです。

 

ダイエット中の人は、よく噛めば、冷え性・宿便・ダイエットの3つがすべて解決できます。

 

(4)酵素玄米で血行を良くする

宿便の出し方に効果がある食べ物はいろいろあるのですが、冷え性の人に第一におすすめなのが「玄米」です。

 

白米は、もみ殻を取り除いた後、精米することで胚芽や表皮を除去したお米です。

 

一方、玄米はもみ殻を取り除いたのみで、胚芽や表皮を残したお米です。

 

実は、お米の栄養素の95%は、玄米にしか残されていない胚芽と表皮の部分にあります。

 

玄米を食べるということは、本来、お米が持っているビタミンやミネラルを丸ごと体に取り入れることができるということです。

 

ビタミンやミネラルが不足していると、血行が悪くなったり、体に必要な熱を産み出せなかったりして、冷え性がひどくなりがちです。

 

栄養豊富な玄米で、しっかり冷え性をケアしましょう。

 

さらに、「よく噛む」ことができるのも、玄米の良いところです。

 

「30回、しっかり噛もう!」と取り組んでみても、白米だとすぐにお米が口からなくなってしまい、30回噛むのが難しいという人もいます。

 

玄米の場合、その心配はまったくありません。食物繊維が豊富なので噛み応えがしっかりあります。

 

しかも、玄米は噛めば噛むほどおいしくなっていくので、噛むことが楽しくなります。

 

宿便の出し方として玄米を食べる場合には、「酵素玄米」を食べると効果的です。

 

酵素玄米とは、玄米に塩と小豆を加えて炊いた後、3日以上、炊飯器の保温機能を使って寝かせた玄米のこと。

 

こうすることで、玄米の酵素パワーが最大化され、美容と健康に絶大な効果を発揮するのです。

 

「酵素」は、宿便の出し方を実践する上で、とても重要なものです。

 

というのも、酵素がないと、体内での代謝が行われず、食べ物を消化することができないのです。

 

たっぷりと酵素を補給することで、胃腸の動きが活発化し、凝り固まって動かなかった宿便も動くようになります。

 

酵素玄米は、食べ始めて早い時期に、「お腹が根こそぎスッキリした!」という人が多いので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

小豆を準備したり、配合を計ったりするのが面倒に感じる人は、あらかじめ配合してある酵素玄米セットを使うと便利です。

 

(5)乳酸菌サプリで腸内環境を整える

最後に、宿便の出し方として欠かせない、腸内環境の整え方をご紹介しましょう。

 

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類の細菌たちが生息しています。

 

善玉菌は良い菌、悪玉菌は悪い菌、日和見菌はどちらでもない中間の菌です。

 

腸内環境を整えるためには、この3種類のうち、「善玉菌」をいかに増やすかが重要になります。

 

善玉菌の代表選手といえば、「乳酸菌」。乳酸菌は、悪玉菌が作り出す毒素の働きを抑制し、さらに悪玉菌を減らす作用があります。

 

乳酸菌をたっぷり取ることは、腸内に善玉菌を増やして、宿便がたまらないきれいな腸を作ることにつながります。

 

きれいな腸を維持するためには、毎日乳酸菌を取り続けることが重要なのですが、サプリメントなら簡単に続けることができます。

 

自分に合う乳酸菌サプリメントを一つ見つけて、継続するようにしましょう。

 

まとめ

まさか冷え性の原因が宿便とは気付かない人が多く、根本的な解決まで回り道をしてしまうこともあるようです。

 

しかし、冷え性も宿便も、放っておくと大きな病気の原因となるという点では同じ。

 

できるだけ早く解消して、いつでもポカポカと温かい、冷え性とは無縁の体を手に入れてくださいね。冷え性が治ると、心も穏やかに前向きになります。

 

冷え性を改善するために、宿便の出し方の実践は非常に役立ちます。早速、自分にできるところから、宿便の出し方に取り組んでいきましょう。

【閲覧注意】宿便の出し方の中でも本当に出た方法はこれでした

お茶、薬、腸内洗浄、オリゴ糖、黒酢

宿便が出そうなものは片っ端から試していきました。

全部を実際に試した中で、ついに本物の宿便を出す事に成功

私が実際に出す事が出来た宿便の出し方を公開しています。

実際の宿便とその出し方を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*